【満員御礼】福岡セミナーありがとうございました。

投稿日: カテゴリー: 社長ブログ

 

テモナ様主催の、福岡セミナーありがとうございました。

たくさんの方にお越しいただきました。

お越しいただいた九州の皆さま、ありがとうございました。

 

サラリーマン時代は福岡に行く機会も多かったのですが、

起業してからはまだ一度もなかったので、

2年ぶりぐらいの福岡でした。

 

福岡といえば通販大国です。

EC業界のトップを走る化粧品や健康食品の通販・EC事業者がゴロゴロいます。

実際に、弊社のお取引先は、関東や関西だけでなく、

九州の通販会社様も非常に多いです。(いつも大変お世話になっております。)

 

2年ぶりに福岡の通販会社様とお会いして改めて思ったことがあります。

1つ目は「若い人が活躍している」ということ。

そして2つ目は「若い人ってやっぱり優秀だよね」ということです。

 

私は大学4年生の当時21歳の時から営業として働いていたのですが、

基本的に商談の相手は年上の方が圧倒的に多く、

自分より若い人を相手に営業をしたり、営業を受けたりすることもあまりありませんでした。

 

しかし、先日福岡で打ち合わせした急成長している化粧品・健食の通販会社の多くは、

私より年下の担当者が打ち合わせの場に出てくることも多々あり、

とても知識もあって、元気もあって、仕事への意識も高く「すごく優秀だな」と思いました。

 

そこで改めて思ったのは、

「若いのに優秀」なのではなく、

「若いからこそ優秀」なのだなと思いました。

 

私は基本的に、自分より若い人のほうが優秀だと思ってます。

なので、年下であろうと、何歳であろうと、年齢で見下したりしません。

むしろ、下の世代から、若い人から必死に「学ぼう」という姿勢を持つようにしています。

 

なぜなら若い人のほうが、私より優秀だから。

 

実際、弊社が行っているインフルエンサーマーケティング事業は、

若い人の方が活躍できる事業だと思います。

 

若い人たちの方が、Instagramを使っていて詳しいだろうし、YouTubeだって見ていると思います。

TikTokはもはや高校生が一番活躍できるのではないかと思います。

 

若い本人たちは、意識せずとも、自然に「変化に柔軟に対応する」ことができています。

 

そして、新たな時代を創っていってます。

 

若い人たちが当たり前にやっていることが、

大人になると、変化を拒み、プライドなどが邪魔をして、中々時代の流れを受け入れられず、変化することができない人も多いでしょう。

 

なので、たまに「プライドが邪魔をして素直になれない」という相談を受けることがありますが、

私は年下の方がそもそも「自分よりも将来性があって、頭が切れるし、体力もあって、優秀」だと最初から思って接しているので、

プライドが邪魔するということはまず無いのです。

例えば、恥ずかしげもなく「教えて下さい」と私は後輩に頭を下げることができます。

 

おかげで、ビジネスアイディアのヒントになったり、

後輩の考えがわかるようになったり、

自分自身のスキルアップにつながっています。

 

また、それと同様に、優秀な年上の経営者ほど、

「年下から学ぼう」とする意識が高いです。

これも福岡の通販会社の話ですが、

とある福岡の、飛ぶ鳥を落とす勢いで拡大している通販会社の社長と、

先月お会いした際、現在40代なので私より20コほど、年上の先輩経営者なのですが、

分かるまで何度も「教えてほしい」と質問してくれました。

私はその先輩経営者と接していて、

「これほどまでに成功している方が、本当にすごいな」と改めて感銘を受けました。

ちなみにその社長は、私が非常に尊敬している経営者の一人なのですが、

他にも福岡の通販会社を経営している社長で尊敬している経営者は、

皆、とても腰が低く、謙虚で、臆面もなく「年下の私から何か1つでも吸収しよう。学ぼう」という姿勢が伝わってきます。

見下されたこともありません。

 

経営者に限らず、私が知っている尊敬する優秀な先輩方は、

皆、腰が低くて偉ぶらない。

 

本当に不思議なぐらい共通していて皆そうなので、

「そういうことなんだな(そういう人が成功するんだな)」と、

成功している経営者や先輩方を見てて改めてそう思います。

 

また、福岡の急成長している通販会社のように、

若い人材が「活躍する環境」を創ることもとても大事だなと思いました。

 

特に弊社のような若い人材こそ活躍できる事業を行っているベンチャー企業は、

どんどん若手に裁量を与え、抜擢して経験や決断数を積ませていくことが重要です。

 

若い社員が、ディールでどんどん活躍して、

今後ディールの未来を担う社員、役員が現れることを、切に願っています。

 

最後に、中期ビジョンの「インフルエンサーと顧客を成功に導くSaaS企業へ」を叶えるために、

SaaSのサブスクリプション型インフルエンサーキャスティングプラットフォーム『ECキャスティング』を柱に、

常にクライアントの期待を120%で超えるクライアントファースト、インフルエンサーファーストの精神で、

全社一丸となって、顧客とインフルエンサーの成功に全力で努めてまいります。

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

株式会社ディール
代表取締役社長 小野瀬 冬海