5期目

投稿日: カテゴリー: 社長ブログ

 

平素は弊社をお引き立て頂きまして、誠にありがとうございます。

 

先日、22卒の入社式があり、今月で5期目の3Qがもうまもなく終了するというタイミングもあり、久しぶりの投稿になります。

 

最近打ち合わせの際に社長ブログを見てくれている取引先から「今4期目ですか?」と言われることが多く、

「いえ、5期目です。ブログ投稿してなくてすみません。」と言うやり取りも増えてきてしまっている状況です。。(笑)(※本当に遅くなってすみません。)

 

友人や高校時代のバスケ部の先輩からもブログまだ?って言われることも増えてきました。

 

会社員時代の同期からもブログをあまりにも更新していなくて心配されました(笑)

 

それだけ社員だけでなく、色々な方に社長ブログを見て頂けていることに感謝です。

地道に社長ブログをずっと続けてきたよかったです。

 

毎年ずっと行っている「◯期目」シリーズがだいぶ遅くなってしまいましたが、

4期目(設立4年目)の振り返りと現在5期目(設立5年目)の近況報告も兼ねて「5期目」に書き記したいと思います。

 

2017年8月、私が24歳のときに、原宿のマンションの一室から始まった株式会社ディールは、

お陰様で設立4周年を迎え、2021年8月から設立5年目を迎えることができました。

 

4期目はコロナ禍の影響を受けつつも、

創業以来過去最高益を更新し、4年連続増収・黒字での着地となり、

D2C・EC通販企業の支援実績は200社を超え、クライアントの領域も化粧品・健康食品ECのみならず、食品ECやアパレルECなどにも領域を広げ、第2のSaaSであるD2C特化型UGCツール「UGCクリエイティブ」の提供を開始するなど、新規事業にも積極的に挑戦をし、

終わってみれば、目標、スローガンともに達成した気持ちの良い1年でした。

 

そして、5期目の3Qが終わろうとしている今、事業と採用ともに順調です。

 

ディールが本日を迎えることができたのも、

日頃よりお世話になっております、D2C・EC通販企業のクライアント様、パートナー様、関係者の皆様のご支援の賜物と心より感謝申し上げます。

いつも本当にありがとうございます。

 

このコロナ禍の中、創業間もないベンチャー企業であるディールが攻めの経営が出来ているのも、

第3期にSaaS事業の「ECキャスティング」を軸としたサブスクリプションモデルへの転換に成功し、

第4期に第2のSaaSとなる新規事業のD2C特化型UGCツール「UGCクリエイティブ」をディールの最注力事業にすると決め、

「採用・育成・活気」を掲げ、人に注力したからに他なりません。

 

第5期を語る上で、欠かせないテーマが、3つあります。

 

①UGCクリエイティブ

②企業理念と行動指針の改定

③採用・育成・活気

 

です。

 

第2期の2019年6月1日にSaaS事業のD2C特化型インフルエンサープラットフォーム「ECキャスティング」の提供を開始してから第4期まで、

ディールの最注力事業も主力事業もECキャスティングであり、

ディールといえば「ECキャスティングの会社だよね」というイメージも強かったかと思います。

 

そんな中で、当時から私がずっと仕込んでいた事業が2021年4月15日に提供を開始したECキャスティングに次ぐ第2のSaaSとなるD2C特化型UGCツール「UGCクリエイティブ」でした。

 

というのも当時、ECキャスティングとUGCクリエイティブのどちらを先に開発しようか私は悩んでいました。

 

悩んだ結果、ECキャスティングを先に開発することに決めましたが、

私の中で、ECキャスティング⇔UGCクリエイティブは2つ揃うことで、更にD2C・EC通販企業様を成功に導くことができるという確信がありました。

 

そのため、ようやく第4期に念願叶って、長年の私の構想実現への一歩がようやく進みだした形になります。

 

そのため、「UGCクリエイティブを最注力事業にするぞ」と決めていたので、

2022年に第5期のスローガン「UGCクリエイティブを会社の柱にする」を全社で掲げ、

企業理念を「インフルエンサーと顧客を成功に導く」から、「顧客を成功に導く」に改定し、

理念がよりシンプルになりました。

そして企業理念「顧客を成功に導く」を実現させるための10個の「行動指針」も策定致しました。

 

ディールの理念は非常にシンプルではありますが、私は「顧客を成功に導く」ことこそ、商売の本質であり、

会社員の頃から、徹底した顧客ファーストを掲げ、顧客の課題を解決し、顧客を成功に導くために仕事をしてきた私にとって、

この「顧客を成功に導く」ことこそが、ディールの理念、そして私の仕事への向き合い方や考え方を表現するのに最もふさわしい価値観であると確信しております。

 

実際に行動指針にも企業理念を実現させるための重要な指針が定められており、

『1.顧客ファーストで、目の前の仕事、目の前のお客様を成功に導くことに集中する』

『2.目標は達成して当たり前、顧客の期待に応えるのも当たり前、顧客の期待を超えて初めて一人前というプロフェッショナル意識』

とあります。

 

そして、顧客を成功に導くという企業理念に改定したということは、

ECキャスティングを越えるSaaSにするために、UGCクリエイティブを最注力事業に置き、いずれUGCクリエイティブをディールの主力事業にするという強い覚悟の表れでもあります。

 

そんなことを急に言いだしたら、当然「社内では混乱もあるのではないか?」と最初は思いました。

突然、私が新しく開発したプロダクトを最注力事業にすると言い出したのですから。

 

しかし、ディールの社員は一切迷うことなく、

私が「今期はUGCクリエイティブに最注力しよう!」と言ったら、

「UGCクリエイティブを会社の柱にしましょう!日本一のUGCツールにしましょう!」と、

全員がパッと一丸となってUGCクリエイティブに最注力し、スローガン達成に向けてすごい早さで突き進んでいます。

この「スピード」、「素直さ」、「ルールを守る」ことこそディールの強みであり、

ディールの競争力につながっています。

ディールの10個の行動指針の中に、

「5.ルールを守り、ルールの範囲で最大の成果を出す」

「6.新しいことに挑戦することを恐れず、変化に早く柔軟に対応する」

「9.素直に、明るく、元気に、笑顔で、前向きに、華やかに」

という行動指針がありますが、まさにこの行動指針を徹底して守り、全員で体現できています。

社長や上司が右に行こうと言ったら「迷うことなく全員が素直に柔軟に」すぐに右に行くし、やっぱり左に行こうと言ったらまた「迷うことなく全員が素直に柔軟に」すぐに左に行くことができる組織です。

だからディールは、正解にたどり着くスピードが圧倒的に早いし、行動指針(社内ルール)を徹底して守るし、変化していくことを楽しむことができるし、『素直で可愛いやつ(=素直に、明るく、元気に、笑顔で、前向きに、華やかに)』と呼ばれる社員が多いわけです。

 

これは「何をするかより誰と働くか」を大事にし、互いに強い絆で信頼し合っているからこそできることです。

 

これも行動指針の1つになっています。

『10.何をするかよりも誰とするかを大切にし、採用・育成・活気に全力を尽くし、社員こそが主役となり競争力となる会社に』

 

もちろん、すでにECキャスティングやソリューションを当てているという明確な実績があるというのもあるかもしれませんが、

私が右にいくと決めたらすぐに全員が右に行き、やっぱり左に行こうといったらまたすぐに全員が左に迷わず変化していくことができる組織になったのは、

社長と社員が互いに信頼し合い、互いにリスペクトし合っていなければ、実現できないことでしょう。

 

まさに、行動指針のチーム・ディールです。

『8.スイミーのように、チーム・ディールで成し遂げる』

 

そこには、創業来から「ディールにとって人材は大事どころではない、人材こそが会社の主役であり、原動力であり、競争力である」と確信し、

「採用・育成・活気」を採用スローガンに掲げ、「何をするかより、誰と働くか」という採用メッセージとともに、

社内に浸透させてきたからこそだと思っています。

 

このUGCクリエイティブを日本1のUGCツールにし、多くのD2C・EC通販企業様を成功に導くのは、

会社の主役である「社員(人材)」であり、社員の成長こそが会社の成長だと私は信じております。

 

必ず今期、UGCクリエイティブで大きく飛躍したいと思いますので、乞うご期待ください。

 

 

〜22卒の皆様へ〜

 

2022新卒の皆様、入社おめでとうございます。

 

昨年入社した2021卒にも同じことを伝えましたが、私から改めてこのブログで伝えたいこととしては、

「星の数ほどあるであろう会社の中で、こんな小さな会社を選んでくれてありがとう」という言葉に尽きます。

 

設立5年目の小さなベンチャー企業に入るという選択は、世間からしたらリスクだと思われて仕方がありません。

 

むしろベンチャーなんて辞めた方がいい。公務員や大手の方がいい。

そう考えている人の方が、むしろ正常だと思います。

 

安定を求めている人や、ワークライフバランスを大切にしたいのであれば、ベンチャーより安定やワークライフバランスを実現させられる確率が高い公務員や大手などに行かれた方が、本人は幸せになれるでしょう。

 

なので、敢えて設立5年目のドベンチャーであるディールを選ぶ方がむしろ変わっているとすら思います(笑)

 

私も変わっているし、変わっている私が創った会社に、自ら選択する社員もやっぱり変わっているんだと思います(笑)

 

そこは嘘でも「ベンチャーの方が良い」って言うべきでは・・・?

 

と思われるかもしれませんが、私は「ベンチャーが良い」と直接的に言ったことはありません。

 

「ベンチャーが良いのかどうか、ディールが良いのどうか、そんなことは、あなたが決めてください。あなたが良いと思ったら、その良いと思った選択を自分で正解にしてください。」

 

と伝えています。

 

例えば、

「親や友人や先生が良いというから良いと思うのではなく、

あなたの人生の主人公はあなた自身なのだから、自分の意思で、自分の人生を決めてください。

そして自分で決めた人生を自分で正解にしてください。」

 

ということを私は伝えています。

 

そう考えたら、自らの意思と決断で、

リスクを承知の上で、新卒というファーストキャリアに、ディールを選んでくれたことに感謝でしかありません。

 

私が創った会社(バス)は、大変だと思います。

 

私が「右に行く!」と言ったら、社員(私のバスに乗った仲間)は、すぐに右に行かなければいけません。

でも私も常に正解にたどりつけるわけではありません。

神様でも、天才でもありません。

だから右に行って間違えたと思ったらすぐに引き返して、「やっぱり左だ!」と言います。

そしたら社員(私のバスに乗った仲間)はすぐに左に行かなければなりません。

 

この変化の早い成長著しいEC(D2C)業界で、右に行くのか、左に行くのか、もたもたしていたら、

一瞬でその会社(バス)は、競合他社に負けて(崖に落ちて)しまいます。

 

だからディールに入る社員は、私にかなり振り回されて大変だと思います(笑)

 

それでもきっと社員がついてきてくれているのは、きっと私と社員が、お互いのことを、信頼しあっているからだと思います。

 

あとは、右行ったり、左行ったり、真ん中行ったり、すごいスピードで変化していくディールという会社のバス旅を、

ワクワクドキドキ楽しんでくれているのかもしれません。

 

22卒の皆様には、せっかくリスクを承知の上で、このコロナ禍の中、

“敢えて”小さなスタートアップのベンチャーであるディールに入ってくれたのだから、

ディールという成長できる確率が高い環境を、

自らの強い意志と行動によって活かし、自分で決めた人生を、自分で正解にしてほしいと思います。

 

ディールの行動指針の中にも、

『3.受け身や指示待ちの姿勢ではなく、自ら考え、自ら行動し、自ら改善する』

『4.任された仕事は、最初から諦めたり、途中で投げ出したりせず、プロとして最後まで必ずやり切る』

『7.他責はしない。当事者意識を持って主体的に行動する』

という言葉があります。

これは、自分でやると決めたことは、最後までやり遂げることの重要性と、

他人に強要された選択であれば他責することができるが、

自分で決めた人生は、誰のせいにもできない。

なぜなら自分で決めた人生なのだから、自分で責任を持つことが重要であり、

自分で選んだ人生を正解にするための行動と改善を自らしようという想いが込められています。

 

ディールは圧倒的な成長と裁量がある会社だと思います。

 

しかし、その環境を活かすも、無駄にするのも、自分次第です。

 

なので、皆さんは、自分の意思と決断によって選んだこの選択を、自ら正解にしてほしいと思います。

 

そして私自身これからも自分で決めた人生を、自分で正解にしていきます。

 

そして今、「D2C×UGC」は非常に注目を浴びています。

 

時代の流れが確実に来ていると思います。

 

そう遠くない未来に、D2C・EC通販企業がUGCツールを導入することが当たり前の時代がやってくると私は信じています。

 

多くのD2C・EC通販企業のLPやECサイトをみたら、必ずUGCツールを入れている、そんな日が近いと思います。

 

それを想像するだけで、ワクワクしませんか?

 

ディールは、そんなEC業界の未来を変えるかもしれないサービスを提供しているんだと、22卒の皆様は自信を持ってください。

 

だから私も「今頑張らなければいつ頑張るんだ」という気持ちで、

今を「勝負どころ」だと思って会社を経営しています。

 

このUGCクリエイティブを日本1のUGCツールにし、多くのD2C・EC通販企業様を成功に導くことができるようにするには、これからのディールの未来を担う皆様の力が必要です。

 

2022卒の皆さんには是非、会社の主役となり、大活躍していただきたいと思います。

 

22卒が、ディールの将来の柱になることを、期待しています。新しい世代に懸けています。

 

最後に、

今期はUGCクリエイティブに注力し、

第6期目以降、UGCクリエイティブがディールの柱になって爆発的な飛躍ができるように、

今期1年は、「挑戦の年(勝負の年)」にしたい思います。

 

これからのディールに、乞うご期待いたけたらと思います。

 

今後ともご指導、ご支援を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

 

株式会社ディール
代表取締役社長 小野瀬冬海

 

 

◆おまけ(何人か当日出席できなかった方のために、入社式&内定式の写真を貼りますのでどうぞお楽しみください。)

 

入社式の日の集合写真です。屋上は寒かった・・・(笑)

 

22卒に目標と意気込みを発表

 

研修の優勝者を表彰

 

22卒懇親会の打ち上げの会場に移動。

 

打ち上げがスタートしました。

 

演目がスタート。ノリノリで歌い出す社員の写真。

 

会場は大盛り上がりでした。

 

4周年を祝ってもらいました。5周年が今から楽しみです!

 

▼2023新卒、中途の応募はこちらから
https://deel.co.jp/?page_id=3789

▼D2C特化型UGCツール「UGCクリエイティブ」
https://ugc-creative.com/

▼D2C特化型インフルエンサープラットフォーム「ECキャスティング」
https://ec-casting.com/