代表取締役社長 小野瀬 冬海から学生へのメッセージ-2020新卒合同企業説明会にて-

投稿日: カテゴリー: News

代表取締役社長 小野瀬冬海から学生へのメッセージ

株式会社ディール(本社:東京都中野区、代表取締役社長:小野瀬冬海)は、

2019年3月9日(土)に開催された、2020年新卒合同企業説明会にて、

当社代表取締役社長の小野瀬 冬海が、

学生に向けて贈ったメッセージを一部公開致します。

 

 

 

自分はどうしたいのか

皆さん就職活動をしていて、「民間企業が良いのか。公務員が良いのか。」

はたまた「民間企業の中でも、大手が良いのか。ベンチャーが良いのか。」

悩んだり、迷ったりしている方もいらっしゃるかと思います。

でも、その答えは人それぞれ違うはずです。

なぜなら、人それぞれ価値観は違うからです。

大事なのは、「自分はどうしたいのか」を決めること。

そして、その「自分が決めた選択を正解にしていくこと」が大事だと思います。

まだ自分はどうしたいのかが決まっていない方は、

まずは、「自分はどうしたいのか」そこから考えてみるのもいいかも知れません。

 

合わせるのではなく、合う会社を選ぶ

世の中には、たくさんの会社が存在します。

世界中に星の数ほどあるであろう会社の中で、

自分を偽ってまで、会社に合わせに行く必要はないと私は思います。

先ほども伝えましたが、価値感は人それぞれです。

生まれや育ちも違えば、性格も、気が合う友達も、人それぞれでしょう。

それと同様に、会社も「人」が集まった営利組織である以上、

会社にもそれぞれ価値感があります。

仮に、自分を偽り、会社に合わせて内定をもらっても、

入社してから「やっぱり合わないな」となって、後々後悔するのは自分自身です。

大事なのは内定を取ることではなく、その先の

「会社に入社して、結果を出して活躍したり、自分の目的を果たすこと」のはずです。

後悔しない就職活動をするためにも、

合わせるのではなく、最初から自分に「合う会社を選ぶ」ことがとても重要です。

 

 

お金を稼ぐのではなく、スキルを稼ぐ

特に20代は、お金を稼ぐのではなく、スキルを稼ぐことが大事だと思います。

芸能人やスポーツ選手のように若い時こそ稼げる職業を除けば、

20代の会社員は、そこまで年収に差はありません。

しかし、それが30代、40代と歳を重ねるごとに、数千万、

更には、億を超えてくるビジネスパーソンもどんどん現れます。

その違いはどこにあるのでしょうか?

私はこう思います。

それは、「スキルを稼いだ」からではないでしょうか。

お金は使えばすぐなくなりますが、スキルはなくならない。

スキルがあれば、それをいつでもお金に変えることもでき、

更にそのスキルを磨いて、より自分の市場価値を高めることもできる。

まさに一生ものとすら思います。

 

 

インフルエンサーとD2Cを成功に導く仲間を募集します

株式会社ディールでは、2020年新卒入社の新卒採用を行っております。

ホームページの理念や行動指針、そして社長ブログを見て、

「ディールに合うな」と本当に思ってくれた方は、是非ご応募してくれたら嬉しいです。

決して、ディールに合わせにいく必要はありません。

あなたの「ディールに合うな」という想いが、面接を通して、確信に変われば幸いです。

是非面接では、あなたの本音をお聞かせください。

本音で話して受かった会社こそ、きっとあなたにとって「合う会社」のはずです。

ご応募お待ちしております。

 

▼新卒エントリーはこちらから

https://deel.co.jp/?page_id=4051